(生徒の声)筒井 桜(10歳)

グロスマンアカデミーは天才を作る学校で、とても厳しい学校です。毎週、土曜日に7時から始まって、朝から暗記の時間が始まります。そしてニュース、俳句(短歌)、追求、プレゼン、というスケジュールです。

グロスマンアカデミーは最初は難しくて、みんなが話している事を理解しないかもしれないけれど、時間が経つときっと慣れてきます。この学校は他の日本人学校と、違って1日中勉強をする学校です。なのでこのような日を毎週、続けていくと自分にも変化が出てきます。

例えば、私はグロスマンアカデミーに入って、前よりもっと本を読むようになったり、もっと一人で行動するようになったりしました。

そしてグロスマンアカデミーでは生徒たちの親たちが毎週、先生になって地学や歴史や数学を教えてくれます。

グロスマンアカデミーは英語と日本語のバイアリンガルの学校です。なので英語のスピーチや、詩を暗記したり、自分で英語のスピーチを書いたり、英語の小説を読んだりします。最近はフランス語も学んでいます。

今、説明したようにグロスマンアカデミーは頑張って一生懸命勉強をしたい子供にはとてもいい学校です。