(生徒の声)清水 さくら(6歳)

まいしゅういっているグロスマンアカデミーのしょうかいをします。
まず、はじめてグロスマンアカデミーでできなかったことは、しも、はいくも、とくいでわなかった。だけどいまは、しも、はいくも、もっととくいになった。
つぎ、たまにできたけど、たまにできないことは、はいくとかが、すこしむずかしいときもあった。だけど、いまは、むずかしくなくなった。
わたしがグロスマンアカデミーのじゅぎょうのなかで、いちばんすきだったじゅぎょうは、はいくです。なぜなら、はいくがとくい。そのりゆうは、うたみたいだから。
このグロスマンでむずかしかったのは、「うらしまたろう」のつづきを、さくぶんようし15まいかいたことです。
グロスマン先生は、ないちゃう子がいるぐらいきびしいけどほんとはだれよりもやさしい。