「書く学校」グロスマンアカデミー

E=mc2の脳エネルギーを作り出す学校

All men by nature have a desire to know. A sign of this is the joy we take in our senses, for quite apart from their usefulness we love them for their own sake, and the sense of sight above all.

~Aristotle~

グロスマンアカデミーは、ホモ・サピエンスとはなんぞやから出発して、大人は子供にどんなことを教え、子供が100年の生涯を過ごすためには、どんな信念を持てばいいのかを考えて教育をしています。

その1つは、上記に参照したアリストテレスの言葉のように、知ることが人間本来の天命であって、知ることに喜びを感じ、ホモ・サピエンスは知ることの喜びと知ることの責任と、自らが知り得たことから自分の人生の道を開拓して行ける人間であるようにと願って、カリキュラムを作って、勉強しています。

「三つ子の魂100まで」と古人は喝破しました。人間の脳のあり方の真実をするどく見抜いた名言です。

幼少のうちに、ファンダメンタルな知の基本を頭に入れ、知識を積み上げていくための、階段の一段目をしっかりと固めることが、幼少教育のやるべきことだと確信しています。その上に、全てのことを知ることが人間である条件だと信じる人間にするために、無知無教養という言葉を、人間の恥ずべきことの代表にしています。

このホモ・サピエンスの持つ本当のチカラを発揮させるために行われる教育が提供される学校は、当校以外にないでしょう。

知識への愛を育む教育

グロスマンアカデミーは、知識を詰め込むことが教育とは思っていません。生徒一人一人の頭をよくするのが教育だと考えている学校です。体の知性は家庭で教えられるものですが、E=mc2のエネルギーを100%働かせることができるレベルの頭脳を作るのは、頭の訓練ですから、大変難しいのです。

訓練された頭、”Trained Brain”とは、Perceptionを間違わず、正しく取り込んだ感覚と情報をどのように使って、次の段階の真実をつかめるのか。そのような頭をまず作ることで、訓練をうまく受けた頭は偉才レベルのはたらきができる筈です。

当校は秀才を作るのではなく、偉才を作り出す学校です。