• 「第40回海外子女文芸作品コンクール」受賞作品

    本校は1993年の創立から「書く学校」です。 毎週の表現の時間は、生徒たちは課題の3作品をその場で提出することになっています。生徒の学年に関わらず、詩、俳句、短歌、クリティカルエッセー、随筆、物語など書き続けています。 公益財団法人 海外子女教育振興財団が主催する「第40回海外子女文芸作品コンクール」において、2名の生徒が受賞しました。 「公益財団法人 海外子女教育振興財団ホームページより引用」 2019年度は38620点の作品応募があり、4部門で497点の入選。 大沼先生による受賞作品の朗読、そして授賞式を行いました。 詩の部 特選 「独立記念日と私」清水 さくら(小5) 賞状受賞の様子 佳作 「ぼくができること」大沼 圭(小2) 作文の部 優秀賞 「日けいアメリカ人のぼくが思うこと」大沼 圭(小2) 賞状受賞の様子 俳句の部 佳作 「チェリーがり 口いっぱいに 夏の味」清水 …

夢中にさせる

本校の教育は、詰め込む「勉強」ではありません。

クリティカルシンキングができ、自分で問題を定義し、どのように仮説を立て、検証し、そしてどのように結論を導くのかを自分の頭で構築できる「思考の流れ」を脳内に作る教育です。

教育の1つに、生徒たちは「思考の流れ」を使い、個々が決めたテーマを夢中になって追求しています。

 

1244

生徒作品の公開数

25

毎月生徒が書く原稿用紙

1973

学校創設

15

生徒定員数